FC2ブログ

アイギスSS『魔弾と戦術家』

※あくまでも、うちの脳内部隊における関係性であって、公式性およびソース皆無です。あしからず。


ゴブリンクイーンから助け出した女性、ヘレナとの共闘が成った執務室にノックの音が響く。
「ミネルバよ。いいわね?」
断られるとは微塵も思っていない、いや、断ったところで許しはしないという声音とともに扉が開く。
「どうした?」
「あなたが先の戦いで助けられた自称戦術家?」
ミネルバは俺が用件を聞いてもどこ吹く風。意に介することなく、ヘレナに声をかける。
「そうだ。私が天才戦術家との呼び声高いヘレナだ」
ミネルバの言い草に腹を立てる様子もなく、自信満々にヘレナが名乗る。
「ゴブリンクイーンの軍勢がこちらに向かっているそうよ」
ミネルバが今度はヘレナの名乗りをどうでもいいとばかりにあしらって、物見にやった部下からの報告を始めた。
「魔物を使うのは上手みたいだけど、あなたが持ち込んだ嵐、抜けられるかしら?」
俺の時のように抜き打ちにはしない。
だが、返答如何ではそうすることを躊躇しないということがよくわかる言葉が投げかけられる。
「私は天才戦術家だ」
「海賊には海賊の用兵があるわ」
さすがに伝説を冠するだけのことはある、か。
部下の命がかかる戦いをよそ者にどうこう言わせる道理は、たしかに、彼女にはないよな。
「人は城、人は石垣、人は堀」
横から口をはさんだ俺に二人が揃って向き直る。
「カグヤの国の英雄の言葉だそうだ。続きはあるが、二人ならどう続ける?」
絆の強さと用兵の巧妙さで知られた人物の言葉だけに、初めてカグヤから聞かされた時は王子として、人の上に立つ者としての在り方を問われたような気がしたものだ。
「私から行こう。死生存亡の解に同じ、だな」
確固たる思いを込めて、ヘレナが告げた言葉に間髪いれずに「その心は?」と切り返す。
「城や石垣、堀をどう使えば勝てるのか、良い結果を導けるのか。それは人に例えた所で同じさ。誠意を持ち、誤魔化すことなく、一人の人間として、上に立たなければ勝てもしなければ、栄えることもないさ」
そう見られているならありがたいことだ。
そして、その志でもって指揮を執るなら部下を預けることも安心できる。
「船がなければ出ては行けない、だね」
ミネルバに水を向けるまでもなく、海賊らしいことを言って、どうだと言いたげな笑みを見せる。
笑いをこらえながら「違いない」というと、彼女は満足そうに笑った。
「でも、違えることがあれば」
「ああ、私からも頼もう。天才を号するに恥ずかしい指揮を執った時にはそうしてくれ」
一転、真顔で告げるミネルバを我が意を得たりとばかりにニヤリと笑うヘレナが重ねて告げる。
薄氷を踏むような問答だったが、まぁ、二人が互いを認め合うきっかけには十分だろう。
どのみち、しばらくは死生の地に身を置き続けなければならない時代だ。
それにしても、存亡の道か。
『世界を救うための征伐』、『女神から託された聖戦』と名乗ってはいるが、復讐という一面を持つのも事実だ。
俺も道を察しなければならないのだろうが、まだまだ先は見通せない。
わからぬ道の道半ばというのも困った話だな。
出撃準備に向かう二人の背中は俺に背中の荷を再確認させるには十分だったらしい。
先の見えない魔物との戦いは、まだまだ終わりそうにないしな。
だが、将来への不安を感じないのはきっと連中のおかげだろう。
不思議な安心感とともに俺たちは女王の軍勢の寄せる戦場へと出撃した・・・。
スポンサーサイト



コメント

非公開コメント

プロフィール

will

Author:will
艦これ、花騎士、GE、MH、ポケモン等結構いろいろやってます。
で、分けるとか、絞るとかするの面倒なんでごった煮です。
ついて来れる話題についてきたらいいと思います!
あ、絵心ないし、テキストメインだしで白が眩しいですが、仕様です。
イメージは愛犬。

検索フォーム

ブロとも申請フォーム